スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

新殿堂

おはようございます。わかやしです。
昨日新しい殿堂が発表されたのでその考察でも。

■超次元バイス・ホール&時空の支配者ディアボロスZ

初のプレミアム殿堂超次元コンビとなる二枚。
除去呪文を抜きつつ支配者が降臨するのは脅威そのものでした。
個人的にこのコンビ殿堂はかなりの良調整だと思いますね。
この二枚が形成していた凶悪なシナジーを解くことによりお互いぶっ壊れた性能ではなくなりました。それでも両者ともまだまだ強いことに変わりはありませんが(笑)

■超次元ドラヴィタ・ホール

回収できる呪文が3コスト以下という一見狭い範囲ですが、魂と記憶の盾、母なる紋章、母なる星域など強力な呪文が多く、何度も使い回すことによって除去を連発したり、紋章回収→ギャラクシー→バルカディアスの流れが1ターンで決まってしまったり強力な効果でした。
出せるサイキックの方もチャクラ、ギャラクシー、ドラヴィタなど強力なものが多く、殿堂入り筆頭候補のカードでした。

■天雷の導士アヴァラルド公

覚醒編に入り戦力を全て呪文でまかなえるようになってから強くなったカード。
ハンデスを食らった後もこれ一枚で立て直すことができ、超次元ドロマーの屋台骨を支えてきました。
今後はコアクアンのおつかいにバトンタッチするのかな?

■斬隠オロチ

不滅オロチのキーカードでドラマティック・ウォーズが発売されてからこのデッキタイプは一気にトップメタになりつめました。
攻撃、防御と様々な使い道があり、転生プログラムの殿堂入りを考えると妥当な判断ですね。この殿堂入りによってホーガンも少し弱体化しました。

■再誕の社

フェアリー・ミラクルと同じように3ターン目に2ブーストできるカードで、エマージェンシー・タイフーンと組み合わせることにより安定性があり、確実に2ブーストできました。
先述のドラヴィタ・ホールと合わせることにより爆発的にマナブーストができ、墓地のカードをマナにおけるので粘り強さも見せました。

■王機聖者ミル・アーマ

予想外の殿堂入りでした。
呪文のコスト軽減効果とブロッカーを合わせ持ち、なおかつ攻撃可能というハイスペックなカード。
序盤は速攻対策、終盤は一斉攻撃にも使うことができました。

■ダンディ・ナスオ

登場以来、様々なリアニメイトデッキ、コンボデッキの核となってきたカード。
マナ調整、墓地肥やしなど役割は多く、環境トップに何度も現れています。
この殿堂入りで多くのコンボデッキが無くなってしまいますが、遂に黒緑墓地進化速攻に規制がかかります。


この新殿堂でドロマーと不滅オロチ、赤抜き4色は一線を退くことになりますね。
しかし予想されていたM・ロマノフはプレミアム殿堂入りせず、支配者が使えないという若干の弱体化でそのデッキタイプは次の環境でも猛威をふるうと思われます。
今日は新弾の一般発売の日なのでこれからどんどんデッキを作っていきたいと思います。
Date: 2011.06.25 Category: DM Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
11695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
894位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。